2017年10月12日

過去問を使いこなそう!

こんにちは!
チューターの颯真です!
更新遅くなってしまい申し訳ありませんあせあせ(飛び散る汗)

さて、この頃金木犀のいい香りが
そこら中でしたりと、だいぶ
秋めいてきましたね。秋は暑くなったり
寒くなったりと気候がコロコロ
変わりやすいので、僕含め体調崩してる人が
多いように感じます。

受験生は特に手洗い、うがい、早寝早起き
を徹底しましょう!!

今日は、過去問の使い方について
書きたいと思います!
3年生のみなさんは、もう過去問を
バリバリ解いていることと思います。
今、どのくらい点数が取れていますか?

きっと、いい点数が取れる年と、
なかなか取れない年とがあるかと思います。

点数に一喜一憂してしまうこと
もあるかもしれませんが、
大事なのは、
本番でどの問題を正解するべきで、
どれが点を取れなくてもいい問題
なのかを見極めることです!

二次試験に限った話
でいくと、大体どこの大学も合格ラインは6割です。
つまり、どの大学の入試でも多くの人が解けなかった
問題が存在するということです。

みなさんは
過去問を解いていて、この問題は明らかに初見では
完答できないな、とか、解法が思いつくのが困難だな
と感じる問題に出くわしたことはありませんか?

そういった問題は、実際の試験場でも多くの人が
解けていないのです。そういった問題に頭を悩ます
よりも、もう少しで解けそうなのに解けなかった問題や、
解けていなければいけなかった問題の復習に時間を使う方が、
絶対に効率的だし、合格により近づいていくと思います

時間が限られている現役生だからこそ、
どうすれば効率よく点数をあげていくことができるかを
常に考えながら勉強しましょう!!

来週は菜月さんです!お楽しみに!

posted by 東進衛星予備校半田住吉校 at 16:01| Comment(0) | 日記